境界性人格障害の恐れのある私

スポンサードリンク

気分の波が激しく感情が極めて不安定で、良い・悪いなどを両極端に判定したり、強いイライラ感が抑えきれなくなったりする症状をもつ人は「境界性人格障害」に分類されます。

詳しく検査はしていませんが、たぶん私は境界性人格障害だと思います。

他人との距離感がわからず、恋愛にしても友達関係にしても、うまく行かない事が多々あります。

恋愛関係

恋愛なら、とにかく相手に依存してしまい、電話は毎日したい、「私のこと好き?」と確認してしまう、相手にとことん尽くしてしまう、等です。

そして、同じような事を相手にも求めてしまい、「めんどくさい」と言われ最後には振られるのですが別れる際も、別れたく無いから体の関係だけでも、と縋ってしまいます。

別れた後も引き摺り、食事が取れなくなったり、占いに行ったり怪しげな復縁サイトに登録したりと、しばらくは周りに心配される程のグダグタ加減です。

そのくせ、相手に好意を持たれている時は、好きになり過ぎると嫌われると思い、敢えて浮気をし、なかなかひどい女になっています。

又、「好きと思われていたい」というだけで、男の人に思わせ振りな態度をとってしまうので、ストーカーなどのトラブルも、それなりに体験してきています。

友人関係

友人関係でも同じで、仲良くなり過ぎると、「何か」あった時に落ち込むから、仲良くなり過ぎないようにしようと距離を置いてしまいます。

正直、女子校のグループみたく、仲良くなり過ぎると面倒くさいと思ってしまいます。

その為、人付き合いが悪い、一人が好き、と思われる事も多いのですが、友人にまで依存したくないのでそう思われても良いやと、開き直っています。

私の欲求

こういう面倒な性格なのですが、人に愛されたい、必要とされたい、という願望は人一倍強いのでとにかく、1人は自分の事を愛してくれる人を常に持ち、他は広く浅くの関係にしています。

友達グループは、複数のグループに所属し、自分の居心地の良い気楽な状態をキープするように心掛けています。

イベントに誘われても、「行けたら行くよー」くらいの気持ちでいて、下手に踏み込まないようにしています。

誰か1人が自分の事を愛してくれるなら、その人を大切にして、他はそれなりで良いと開き直って生きていると、かなりラクな付き合い方ができます。

自分を客観視に見る努力をし、相手との距離を広くとる事で、近付き過ぎて傷付く事もないです。

最近の交友関係

若い頃はみんなと仲良くしなきゃいけないというのが、世間のルールだと思っていました。

しかし、ある程度大人になると、他人は他人、合う人合わない人がいる、と理解し始めました。

最近は「あー、この人とは合わなく面倒くさいなぁ。」と思ったら、比較的すぐ相手との関係を切るようにしています。

その時は文句を言われたりもしますし、相手からしたら気分も悪いとは思いますがしんどい想いをしてまで付き合っていたい人はそう多くないですし、嫌だと思った時点ですっぱり切った方が気持ちもスッキリします。

こういった考えをできるようになって、自分の居心地の良い空間は自分自身で作る事ができると思えるようになりました。

性格が良いとは言えないと思いますが、これで自分の気持ちが安定するなら、多少の批判は仕方ないと割り切って生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です